イベント

開催中 - 静岡県富士山世界遺産センター

富士山の湧水-その道のりと歴史-

 本企画展では、富士山を含む広域的な地下水・湧水情報のデータベース構築のために実施された国の研究機関による大規模調査の結果を紹介し、富士山の湧水のメカニズムに迫ります。
 企画展示室を4つに区切った各エリアにおいて、「富士山の湧水と地形地質との関係」、「富士山の火山研究」、「富士山の地下水・湧水研究」、「富士山の湧水がもたらす自然環境とその活用」をテーマに、巨大な水がめである富士山の成り立ちと、富士山の湧水の特徴や地表に湧き出るプロセスについて最新の研究成果を解説します。また、当センターの空調にも用いられる「地下水熱交換システム」についても紹介します。
 展示には、高精度の地形模型を利用したプロジェクションマッピングや、ドローンによる白糸の滝周辺の空撮映像、遠隔操作無人探査機(ROV)に搭載された水中カメラ映像等を用いた駿河湾の海底湧水映像等を用いて、富士山の湧水の不思議を体感できます。

 会期中、『サイエンスレクチャー』を3回開催(8/21(金)、9/13(日)・27(日))し、様々な自然科学系分野の研究者がそれぞれの専門の目からみた「富士山の湧水」について解説します。また、当館研究員が展示解説を行う『フロア・ガイド』も随時行います。

共催:(国研)産業技術総合研究所 地質調査総合センター、静岡県環境衛生科学研究所