イベント

開催前 - 静岡県立美術館

みる誕生 鴻池朋子展

「『観客はもはや人間だけではない。』人間の視点中心だったこれまでの芸術は、今、地球規模での問題と共に大きな転換期を迎えている」。そう考える現代アーティスト鴻池朋子(1960年生)が、本展では2020年の個展「ちゅうがえり」(ア一ティゾン美術館)で試みた、従来の美術館の仕組みから観客を解放するさまざまな取り組みを、さらに発展させようとします。夏に展示が立ち上がる高松市美術館からバトンを引き継ぎ、アーティストという生き物も、コレクションという物も、風土や風景と共にリレ一し変化していきます。ぜひ新たな美術館を体感してください。
円形襖と滑り台 個展『ちゅうがえり』 ア一ティゾン美術館展示風景 2020
円形襖と滑り台 個展『ちゅうがえり』 ア一ティゾン美術館展示風景 2020